ニューバランスのスニーカーを激安で!

1000番台

ニューバランス、M1500の特徴

 

M1300は、ニューバランスが販売している1000番台シリーズのスニーカーの1つです。当該するスニーカーにおける初代モデルの靴であり、1985年に発売されています。
顕著な特徴としては、世界で初めてエンキャップと呼ばれる軽量のソールを採用した点を挙げる事が出来ます。初代モデルならではのベーシックなデザインと、軽さが齎す機能性・履き易さを両立したスニーカーと言えます。また日本で発売された当時の価格は39000円となっており、強気な価格設定で話題を呼んだ点も特徴と言えます。
M1300は過去に何度か復刻モデルの発売が為されていますが、その際にはオリジナルの形状・製法を忠実に再現して手作りされています。最初の発売からはかなりの時間が経過していますが、復刻版を含めて2010年代になっても愛好者の多いスニーカーになっているのも特徴的です。

 

 

ニューバランス、M1400の特徴

1994年に登場して以来、洗練されたデザインと優れた履き心地で幅広い顧客層から高い人気を誇っているニューバランスのスニーカーM1400は、本来M1300に続いて発売されるはずだったものが、その当時の技術では量産化の目処が立たず、泣く泣く発売を断念し、その後1994年に再開発が始まり、念願のリリースとなった紆余曲折を経たモデルです。
このM1400の特徴は、なんと言っても柔らかくフィットする履き心地と流麗なスタイルで、発売当初から多数の支持を受けました。
最近で言うと、J.CREWモデルが出たことで話題になった、色褪せないシルエットと風格を備えた歴史に残るスニーカーの名品です。
また、メイン素材にはしなやかながらソフトな質感のスエードレザーを使用し、カラーリングは全体的に落ち着いたカラーリングでシックにまとめられています。

 

 

 

ニューバランス、M1300の特徴

M1300は、ニューバランスが販売している1000番台シリーズのスニーカーの1つです。当該するスニーカーにおける初代モデルの靴であり、1985年に発売されています。
顕著な特徴としては、世界で初めてエンキャップと呼ばれる軽量のソールを採用した点を挙げる事が出来ます。初代モデルならではのベーシックなデザインと、軽さが齎す機能性・履き易さを両立したスニーカーと言えます。また日本で発売された当時の価格は39000円となっており、強気な価格設定で話題を呼んだ点も特徴と言えます。
M1300は過去に何度か復刻モデルの発売が為されていますが、その際にはオリジナルの形状・製法を忠実に再現して手作りされています。最初の発売からはかなりの時間が経過していますが、復刻版を含めて2010年代になっても愛好者の多いスニーカーになっているのも特徴的です。

 

 

 

 

ニューバランス、M1040の特徴

1906年にアメリカ・ボストンで誕生したニューバランスは、伝統を継承しながらも最新のテクノロジーを集結して、よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行なってきました。
独自のフィッティングシステム・ウィズサイジングはもちろん、シューズ自体の設計や構造からフィット性を最優先して製造しています。
そして新たに開発されたニューバランス・M1040の特徴は、重心移動性に優れるフルグラウンド・コンタクトソールを採用することにより、疲労がたまりにくく、足首やひざあのケガ予防などを考えた走行安定性に優れたいる点で、熟練ランナーだけでなく、初心者の方でもブレの少ない安定したランニングを楽しむことができます。
なお、重量はわずか285gですので、足首にかかる負担はほとんどありません。